車の税金について

車の税金について

自動車を所有している人は、全員に税金を支払う義務があります。
これは法律できちんと決められていることで、車に乗っていなくても所有していれば支払義務があります。

自動車税については、毎年4月1日の午前0時の時点で車を所有している人に課税の義務があります。
そのときに1年分の税金を支払うことになります。
なので、もう車を乗っていない人は3月31日までに手放すと税金がかからないってことですね。

税金の金額については、所有している車の種類によって変わります。
乗用車・事業用の車・トラック・バス。
大幅に分けると4つに分けられます。
これと別に乗れる人数や総排気量・総載量などによって変わります。

一般的な乗用車の場合は、だいたい37900円程度。
これは1000cc~1500ccの車の場合です。
軽自動車の場合は、管轄が都道府県になるため各都道府県によって税率が変わる場合があります。
だいたいは7200円程度だと思ってもらえれば大丈夫だと思います。

税金はだいたい5月に入ってから郵送で自宅に振込用紙が送られてきます。
5月末までに決まった金額を納税しないと、延滞税がかかりさらに税金がかかることになります。
納税をしたら納税時にもらった控えを大事に取っておきましょう。
車検時に必要になります。
もし紛失した場合は再発行が可能なので、再発行をしておきましょう。

    Copyright(C) 維持することまで考えた車選びのポイント解説 All Rights Reserved.